『風の王国 波斯の姫君』『BLOOD+5巻』
こんばんわ!
ついにGWでニヤけそう(ていうか現在進行形)です(*´∀`*)

今日は学校がお昼までだったので学校終ったら本屋さん行って
『風の王国 波斯の姫君』と『BLOOD+5巻』を購入してきましたー!
ネタバレな感想なのでご注意をー。

20070427155327

まずはBLOOD+5巻から!最終巻なんですよ実は・・・!
アニメのほうがすっごい詰め詰めで終ったのでこっちはどうなるかなぁと思ったら、
アニメと違う終り方・・・・(*´Д`)
私としてはこっちの終り方の方が納得できます!
なにせソロモンが生きてるから!!
もう、アニメでソロモンが死んだときは「えぇぇぇえェえエエエ(゜Д゜ )
ってなりましたからね~。ていうか死んだことに少しの間気付かなかったという・・・・(アホ
今回も終盤でアンシェルに殺されかけてたから「また死ぬー?!」って思ったけど無事で・・・
意外だったのは、ディーヴァを殺したのがネイサンだったこと。
まあ確かに、あんなこと言われたら殺したくも・・・なるよね・・・。
でもマジでネイサンで終止符が打たれるなんて思いもしなかったですw
で、本当の最後は、アニメと結構似てて、サヤがカイに見守られて眠りに入りました。
30年後に目覚めたときは幸せに過ごして欲しいです(´∀`)♪

風の王国 波斯の姫君も面白かったです~。
今回は短編の小説と挿絵担当の増田メグミ先生の漫画^^
短編は2つあって、『波斯の姫君』と『しるしの石』です。
波斯の姫君ではまたまた慧が登場!まだサマルカンドには着けていませんが、
着々と道のりを進めてはいるようです。
また短編とか番外で慧がサマルカンドに着くまでの話をやってほしいですねv
しるしの石はガルの奥様エフランと息子二人が初登場♪
「本当、ガルとエフランラブラブやなぁ・・・(´∀`)」が感想でした(笑)
今度は長男を連れてリジムたちのいるツァシューに戻るらしいので、そこも楽しみです。
漫画は『ジスンとシェリン』で、ジスンの幼少期のお話。
ジスンは幼少のころから美少女(※少年)で・・・うらやましいです(*´∀`*)

風の王国波斯の姫君―小説+まんが 風の王国波斯の姫君―小説+まんが
毛利 志生子、増田 メグミ 他 (2007/04)
集英社

この商品の詳細を見る

BLOOD+ 5 (5) BLOOD+ 5 (5)
桂 明日香、プロダクションI.G 他 (2007/04)
角川書店

この商品の詳細を見る
2007.04.27 Fri 20:21:55   comment:0   trackback:0   [映画・ドラマ・小説]
comment
comment posting ※宣伝コメントは主に削除対象です












管理者にだけ表示を許可する

trackback 関連のあることならお気軽にどうぞ
http://sarrys.blog33.fc2.com/tb.php/837-69efcd25
♪ヽ(*^∇^*)ノ*:・'゚☆| HOME | ゴールデンウィークもうちょっとじゃないかぁぁああぁぁああぁぁぁあああ!!!