娘が産まれました
こんばんは

DSC09331-2.jpg
8月1日木曜日23時57分、娘が産まれました
身長47.6cm、体重2,554gと、想像より小さかったですが、
産まれた瞬間から大きな声で元気に泣いてくれました。
予定日より4日早い誕生となりました。

今日は、いつか2人目を産みたいと思った時に思い出せるように痛かった思い出を
書いておこうと思います。

妊娠39週3日目の7月31日の朝、おしるしが来ました。
それでも体調はいつも通りで朝からメルカリの発送3件とスーパーまで買い物に行き、
家に帰ったら階段昇降的なのを家の中の段差で1,000歩分くらいやりました。

夕方4時頃から8分間隔くらいで生理痛のような鈍痛が腰にやってきました。

それでも動けないほどではないので前駆陣痛かな~と呑気に構えて
鈍痛と戦いつつ晩御飯を用意し、夫が仕事から帰ってきたらもしかすると陣痛かもと伝え
お風呂に入り、陣痛バッグと入院バッグを最終チェック。

そして21時頃には間隔7~8分だったのが21時40分頃には5~6分に。
痛みがまだ耐えられる程度だったので迷いましたが5分になったら電話するように
言われていたので21時50分に病院に電話したところ、「もしかするといったん
帰ってもらうことになるかも」と言われましたが心配なので病院へ行くことに。

22時20分頃に病院へ到着し、内診してもらうも先週の検診から変わらず
子宮口は1cmしか開いておらず

NSTではお腹の張りが3~4分間隔のときも5分以上あくこともあり、
5分間隔以下が入院基準なので、入院するか、
帰ってまた様子が変わったら受診するかと提案されたのですが、
「すでに間隔が大分せばまってますけど次に受診する目安って何ですか?」
と聞いたら入院することになりました。そして私は陣痛室へ。夫は入院書類にサイン。

陣痛室には先客がおられてとてもしんどそうで、私もこれからこの痛みと戦うのか…。
とドキドキ。30分以上陣痛室で手持無沙汰で待つも、夫が中々やってこないので
見に行くとまだ入院書類書いてた。この頃はまだ余裕でしたが0時頃には
痛みがどんどん増してきて呻くはめに。ひどすぎて動けなくなるレベルの生理痛の感じ。

呻き始めるとフィジオを点滴開始。針が激太で痛い。

日が変わり3時頃の内診では子宮口の開き4cm。赤ちゃんはさらに下へ。

4時半頃には痛すぎて気持ち悪くなってくる。
ちなみに寝てない。夫はいびきかいて寝てる。お隣で苦しんでいた方はめでたくご出産。

朝7時にはお手洗いに行くと大量出血。たぶんおしるし的な?感じ??

ここまではスマホにメモをちょっと取っていたのですがここからはなし。
しかも痛みと寝ていない疲れで細かく覚えていないのですが、覚えていることは

・3時頃に子宮口を確認してから9時頃までほぼ放置されてめっちゃイライラする私
・朝ごはん出ますよーって言われていたのに入院が夜中だったので
 米のみしか用意されず、米食べたくないと拒否する私(夫にサンドイッチを頼む)
・フィジオを結局5本も打たれ、分娩時に先生に「2.5Lは多い」と言われる(私も思ってた)
・子宮口が全然開かないので産めない痛い眠い
・隣に次の人が入って早々に痛みに耐えきれず帝王切開にしてー!って言って
 本当にしてもらって昼前に産んでてうらやましくて自分もしてほしくなる
・15時頃に義母が来て「なんで?!」ってなる
 (陣痛来たら知らせるけど産まれたら来てほしいって言っていたので)

最終的に陣痛からほぼ丸1日たって夜8時頃分娩室へ行き、それでも子宮口7cm
何か処置?をしてもらって子宮口が広がりやすいようにしてくれますが、
その処置とかも痛くてもう1日寝てないのも相まって「やめてください痛いですーーー!」と叫ぶ。
ちなみにやめてはくれない。

1・2時間経ってやっと子宮口9cmまで来たので分娩の準備が始まる。
これなら今日中に生まれるよ~と助産師さんに言われるも、
分娩台から時計は11と12の間くらいしか見えないので今が何時かもわからず。

先生が来て分娩開始。
このあたりも意識朦朧としててよく覚えていないけれど、破水は先生がやってくれて
破水の瞬間は生暖かい液体が大量に流れ出てきた感覚がすごかった。

そしてついにいきんでよくなったのですが、すでにへなへなでいきむのが大変。
いきむときは声を出さずにって何回も言われるけど痛すぎてそういう制御が
出来ないんだよおおお。と心の中で思うも口に出るのは「痛い」だけ。

ある程度赤ちゃんが降りてきたところで、つっかえているとのことで
会陰切開することが決定。麻酔をされて、陣痛の痛みのときに切られました。
噂に聞いていた通り、陣痛の痛みに気を取られて切られた感覚ほぼなかったです。

それから何回か失敗しつつ陣痛の波の度にいきみ、やっと「頭が出てきたよ」の声が!
やった!!と思ったのもつかの間、頭がはさまれていることで痛みが増す

その痛みの中でもまた何回かいきむのに失敗しつつも少しずつ出てくる。
でも2日寝てない&陣痛丸1日で本当に意識が朦朧として、
いつの間にか酸素マスクをつけられる。

その直後、「頭が大きそうだからもう少しかかりそうだね~」と先生が言って
「(ええ…まだ続くのか…)」と思ったらにゅるんと出ました!!!

そして大きな産声!!無事産まれてくれた!!

時刻は23時57分。
分娩台から見える時計が11と12の間しか見えなかったのでなんだか運命を感じます。

生まれてすぐにいったんお腹の上で赤ちゃんを見せてくれて、
それからへその緒の処置や洗ったり。ここで夫が分娩室の外から呼ばれ、
赤ちゃんとご対面。事前に渡しておいたカメラで処置中の写真も撮っておいてくれました。

陣痛の痛いのが終わって安心していたら、今度は胎盤を出すのと会陰切開縫合の
処置が待っていました
これもなかなかの痛さで「やめてください~~~」ってアホなお願いを連発。

やっと処置が終わり、カンガルーケアと初授乳をさせてくれました。
うちの子産まれながらに可愛かった~~~~。

産後2時間はその後の経過を見るため分娩台ですごし、それから病室へ。
でもこの時点で吐き気がすごくて点滴に吐き気止めを足してもらい車いすで移動。

即寝る!!って思っていましたが会陰切開の痛みやらなんやらでまともに寝つけず。
吐き気も収まらず。寝苦しさを感じながらもやっと就寝。

そんな感じでした。
2人目を産むなら無痛分娩を選びたいと強く思った1日でした。

最近は授乳でまとまった睡眠とれてなくてめっちゃ眠いです。
それでは!
2019.08.14 Wed 03:06:04   comment:0   trackback:0   [日常]
comment
comment posting ※宣伝コメントは主に削除対象です












管理者にだけ表示を許可する

trackback 関連のあることならお気軽にどうぞ
http://sarrys.blog33.fc2.com/tb.php/2600-a821d3d8
生後5ヶ月!| HOME | 市比賣神社